PCトラブルの対処法を事前に勉強しておくといい

BTOパソコン扱ってるところとかで見てもゲーム用PC高い。BTOパソコンのサイトでXeon搭載が99800円よりで、今そんなに安いのかとカスタマイズ見てみたらCPUついてなかった。一応BTOパソコンだから自力で開けて光学ドライブ変えてみようかな。と思ったけど反応しないと意味ないよな。外付け買ってきてBIOってやついじればいけるかな。NIDEAコントロールパネルで3D設定管理でグローバル設定をとりあえず全部、オンか設定一番下にすると、画質がらよくなる。これがBTOパソコンのオンラインゲームの画質のよくしかた。最後に設定したあとに再起動。グラボ用の電源ケーブルは故意に折り畳まれて隠されてることがある。BTOパソコンだったら隠されてる可能性大。今の電源じゃだめだと電源を取り替えようとしたときに見つけた。組み立てる人が邪魔だったんだろうな。

BTOパソコンがいい。中途半端な知識と変にDQNで状況説明下手くそでほとんどすべてのジョブを任せてくるような機会音痴は嫌いだBTOパソコンなんか買ってないで自分でパーツ買って中身の仕組みとトラブルの対処の仕方を勉強して組んでみたほうがいい。BTOと自作の値段の差も実はあまり知らないけど、今見てるサイトによると15万以上くらいのPCになってきたら自作のほうが安くなってくるとも書かれてるな。BTOパソコンを初めて注文していざ動かす時、割と戸惑った。BTOのPC 、MACのノートPC 、タブレット(win×2、android,i pad mini)スマホ(iPhone6&iPhone6plus)PhotoshopやC++などのソフトも含めたら、相当お金使ってるな。